限度額

キャッシングの限度額はどうやって決まる?

キャッシングは限度額制のことが多く、その金額までなら自由に借り入れを行うことができるのが特徴です。例えば限度額が30万円の場合、そのうちの10万円だけを借りても構いませんし、更に追加で10万円を借りることもできます。

この限度額は契約時にキャッシング会社側から決められますが、主に希望金額によって決まります。申込み時に30万円を希望した場合、その金額の3倍以上の年収があり、その他の審査要素に特に問題が無ければ、そのまま30万円となるか、もしくはもっと高い限度額での契約が行えます。

消費者金融には総量規制という規定が適用されるので、限度額は最高でも年収の1/3までになります。よって、年収が200万円あれば、限度額が50万円での契約も可能です。このようなケースで30万円の希望で申込みを行ったような場合に、希望以上の限度額になる可能性があるということです。

逆に、ほとんどキャッシングでは最低でも10万円の限度額からとなっている為、その3倍の30万円以上の収入がないと、キャッシング自体が利用できません。

また、年収が100万円の場合に50万円を希望しても、その限度額での契約は行えません。こういった時には30万円なら契約ができるといったような提示をされることや、そのまま審査に落とされてしまうことになります。まず審査に通らないことにはキャッシングは利用できないので、できるだけ低い希望金額で申込みを行うに越したことはありません。

最初に決まった限度額が低かった場合でも、総量規制までまだ余裕があれば、後から限度額の増額が可能なことがあります。それにはその為の審査を受ける必要がありますが、どうしても限度額を今より上げたい場合には、利用しているキャッシング会社にその旨を申し出て、増額の為の審査を受けてください。

キャッシングの限度額はどうやって決まる? はコメントを受け付けていません。