カードローン

あの手この手で顧客を集める地方銀行カードローン

日本人の大手志向は昔からあり、銀行選びにおいてもメガバンクや有名なネット銀行に人気が集中しています。その結果地方銀行の人気に陰りが出て、その経営は窮地に立たされています。さらに稼ぎ頭である銀行カードローンが金融庁の指導により、やや稼ぎにくい状況となったのです。

そこで現在地方銀行のカードローンは、独自のお得な施策を試み顧客を集めようとしています。例えば兵庫県を中心に展開する但馬銀行では、カードローンの返済の際100円につき1PのT-POINTが貯まります。但馬銀行カードローンの最低返済額は、借入残高が10万円以下なら2000円、30万円以下なら5000円と低いのでなかなかポイントは貯まりませんが、1%のキャッシュバックがあるとも言えるのです。

銀行カードローンの利便性が下がった今、この手のサービスで選択するのが賢い使い方です。

あの手この手で顧客を集める地方銀行カードローン はコメントを受け付けていません。