利息

キャッシングの利息はどうやって支払うの?

キャッシングで借りたお金には当然利息が掛かるので、それを加えた金額を返済していくことになります。例えば10万円借りて毎月4千円の返済を行っていく場合、月々の支払い額は同じ4千円でも、毎月その中に含まれる利息の額は変動しています。利息は借りた元金に対して掛かるので、返済によってそれが減っていくに連れて、支払い額の中の利息の額も減っていく仕組みです。

金利を年利18%とすると、この例では36回の返済になり、合計して支払う金額は126,260円になります。つまり、3年間での返済になって、合計で26,260円の利息を支払ういうことです。

このように、キャッシングの利息は毎月返済する金額の中に含まれています。その為、意識して今月の利息はいくらだというようなことを考える必要はありません。

利息は返済回数が多くなるほど高額になります。同じ年利18%の金利で10万円を借りた場合でも、上記のように毎月4千円の支払いを行っていくと、36回払いで合計で26,260円の利息が掛かってしまいますが、毎月1万円を返済すれば、11回払いで合計で9,158円だけの利息で済むのです。

毎月の支払い額は原則的に借り入れ金額によって変化しますが、それより多く返済する分にはいくら支払っても構わないので、余裕がある月にはなるべく多く返済を行うことで、返済回数と合計して支払う利息を減らすことができます。キャッシングを利用する際にはこの繰上げ返済をうまく行って、少しでも掛かる利息を抑えることを心掛けてください。

キャッシングの利息はどうやって支払うの? はコメントを受け付けていません。