銀行系

銀行ローンとキャッシングの違いを理解したサービスの使い途

個人が金融機関や金融会社からお金を借りるという手段としては、カードローンやキャッシングがあります。銀行ローンとは、銀行が融資を行っているカードローンの事であり、メガバンクやネット銀行などが提供している融資サービスです。

サービスの内容は、キャッシングとよく似ており、使い方も基本的に同じですが、キャッシングは貸金業法によって利用者の限度額に制限があります。その為、両方のサービスを利用する事でキャッシングの総量規制による限度額制限を補うといった使い方が出来ます。

キャッシングを利用する場合には、消費者金融会社に新規申込みを行いますが、銀行ローンの場合は銀行のATMコーナーから申し込んだり、公式サイトから申し込んだりします。申し込む場所が異なるといった違いも銀行ローンとキャッシングにはあります。

銀行ローンはキャッシングとの併用が可能であり、キャッシングで総量規制による総限度額が年収の3分の1に達した場合には、銀行ローンの利用を選択肢に含めておくと利便性が高まります。メガバンクやネット銀行の銀行ローンであれば、提携ATMが非常に多く、ネットでほとんどの手続きが行えますので、大手消費者金融会社のキャッシングサービスと変わらないレベルのサービスを受けられます。

銀行ローンとキャッシングの違いを理解したサービスの使い途 はコメントを受け付けていません。